ポピュラーな昔から愛されていた日本サッカーの歴史

サッカーは、全世界中で行われている非常にポピュラーなスポーツですがその成り立ちや歴史はかなり古いです。

足でボールを蹴るというような競技は、世界中で行われていたのですが日本で言うと最古の歴史のものは平安時代の蹴鞠ですね。

今のサッカーのようにゴールにいれたりするわけではないのですが、ボールを蹴ってパスを回しながら落とさないようにするという物でした。

世界中で言うと、今のフットボールの形に近い物はヨーロッパのイタリアで行われていた物で、カルチョと呼ばれていた物でした。

こちらは、都市の広場で行われていた物であり古くから限られた空間の中で行われるという今のサッカーフィールドの成り立ちになるような物があったのです。

当然、空間が限定されるわけですから人数が限定されたり一定空間の中でしか行われなかったために役割や作戦を立って試合をするというような、かなり現代サッカーに近いような形が既に出来上がっていたのですね。

時期的にもまだまだ、16世紀くらいの近中世くらいの時代でさえもこうしたサッカーが今の形とそう変わらないくらいの物があったくらい、サッカーというのは昔から愛されていたようなスポーツだったということなんですね。