Category Archives: サッカー

世界トップクラスの一流選手はスゴい!

ワールドカップが開催されるたびに、日本人も日本代表を熱狂して応援するなどして非常に夢中になりますよね。

しかし、日本人というのはかなりミーハーなところが多く海外のスター選手などの人気も、毎回代表が変わる度にコロコロと変わっていく物ですよね。

特に、昨今で人気な選手の一人がクリスティアーノ・ロナウドですね。

世界でもトップクラスの強豪チームであるレアル・マドリードに所属するポルトガル出身の選手で2000年代後半から世界最高のサッカー選手の一人として数えられておりリーグ戦、カップ戦で優勝を経験しており、チームとしての貢献はもちろん最多得点記録も、プレミアリーグやUEFAチャンピオンズリーグと数々の個人記録も持つなど高い技能を持ち合わせています。

そして、何より人気の秘訣は何といってもハリウッドスターばりのイケメンだからでしょう。

特に、クリスティアーノ・ロナウドは女性ファンが多く特にサッカーに対して興味のないような人でも、クリスティアーノのファンでサッカーの試合を見ているという人がいるくらいです。

サッカー選手はモテる、なんて言うわけですがクリスティアーノはサッカーもトップクラスな上に容姿もイケメンとまさに完璧な選手です。

なでしこジャパンの有終の美

サッカーの人気は年々大きくなっており、沢山の人に愛されていますね。

その、人気なスポーツであるサッカーはジェンダーフリーの影響もいち早く受けており、プロサッカー選手にも女子の部が出来たりしてワールドカップも男子だけのものではなく女子サッカーも非常に人気な物となっていますね。

特に、女子サッカーは近年では非常に人気が高く、日本の女子サッカーは男子サッカーと違いかなり強く、女子ワールドカップ優勝に輝くなどの実績を残しましたね。

なでしこジャパンとも呼ばれる日本のサッカー女子代表は、男子日本サッカー代表では成し遂げられなかった優勝を見事に日本へと持ち帰って来ました。

男子の日本サッカー代表のことをサムライジャパンと言うのに対して女性の日本を代表する言葉として大和撫子からなでしこジャパンという風に呼ばれるようになりました。

また、日本代表という言葉は男子のイメージが強かったということで愛称の意味で差別化をはかるためになでしこジャパンという呼び方が定着したわけですね。

特に、優勝年のなでしこジャパンは日本でも大きな話題になっており各メディアであちこちからスポットを当てられるなどして、日本でも女子サッカーが一躍有名となりましたね。

世界でも通用する日本代表の女子プレーヤー

近年、サッカーの中でもなでしこジャパンと呼ばれる女子サッカーはワールドカップ優勝を飾ったことで非常に話題になりましたね。

しかも、その中でもキャプテンを務めた澤穂希選手はワールドカップ主催のFIFAから最優秀選手賞をアジア人で初めて受賞したという経歴を持っているのです。

日本女子代表の中では歴代でゴール数のトップ記録を保持しており、間違いなくなでしこジャパンを優勝に導いた選手だと言っていいでしょう。

澤選手は小学生のころからサッカークラブに入団するなど子供のころからサッカー経験があり、当時は女子のサッカークラブ入団というのはあまり考えられなかった話だったのですが、仮入団扱いの時に試合に出場すると初試合でゴールを決めるなど非凡な才能を見せていたようです。

中学に進学してからすぐにサッカークラブの女子クラブに入団するなどしてストイックに練習に努め今の実力の地盤を築いたという来歴があります。

既に15歳で日本女子代表に召集された上に初出場で4得点を奪取するなど、そのサッカーセンスは年々磨かれており、正に天性の才能と類まれなる努力を兼ね備えた選手なのです。

現在は、日本代表を引退する旨を出しているようですがその貢献は記憶に残ることでしょう。

Jリーグの成り立ちと人気選手など

日本ではプロサッカーリーグのことをJリーグというのですが発足は1993年で当時は10のクラブでスタートしました。

その後、1998年まではJリーグとして最大で18のクラブが参戦するような形の規模になったのですが、クラブの数が増えたことでランク分けするようになりJリーグディビジョン、通称J1とJリーグディビジョン2、通称J2という風に二部に分かれてリーグを開催するような形になりました。

2014年にはJ3リーグが更に追加され、現在では51クラブが参戦するような形となっています。

Jリーグでは、専ら今人気となっているのが川崎Fチームの大久保嘉人や中村憲剛ですね。

Jリーグを見たことがない人には、あまりピンと来ない人もいるかと思いますが大久保は特にJリーグでもゴールランキング1位に輝くストライカーなのです。

しかし、知名度でいえばやはり中村俊輔でしょうね。

ワールドカップの日本代表にもなっていながら、横浜FMにも所属している選手ですね。

メディアへの露出も高く、フリーキッカーや名アシストをする神業が人気となっているサッカー選手だと思います。

ワールドカップ代表選手は、どちらかというと海外のサッカーチームに所属していることが多くJリーグの中でも最も知名度がある選手はやはり中村俊輔がナンバー1でしょう。

過去の海外スター選手について

サッカー選手の人気の移り変わりは激しく、特に海外の選手だとワールドカップが開催される度に代表によって大きくその人気も移り変わっていきますね。

ロナウジーニョや、オリバー・カーンなど特にその年のワールドカップで大活躍した選手は地元では長く愛されていますが日本人はやはり流行と共に流れて行く物ですね。

しかし、そんな中でも長く愛されている海外のサッカー選手はいてその代表はベッカムでしょうね。

イングランド代表選手としてワールドカップに出場経験があり、名選手の一人に数えられますがイケメンな上にセレブリティでファッショナブルな人物として特に全盛期ではあちこちのテレビや雑誌の出演が見られました。

少年時代から天才サッカー少年としてテレビで取り上げられたこともあり、大成したということもあって多くの世界で注目された人でもありますね。

日本でも、各会社のCMなどに出演するなどしてマスコミ的な露出も間違いなく歴代のサッカー選手の中でも日本人選手を含めて一番有名な選手だと言っていいでしょうね。

当時は、ベッカムヘアーと言ってベッカムのヘアスタイルが真似されるなど女性だけでなく男性からの圧倒的な人気もあったりしてかなり評価されていました。

話題の選手はアクシデントはツキモノ

サッカー選手は、特にワールドカップが近づくと日本代表の選手はもちろんですが海外の選手にもテレビのスポットが当たりやすく人気になりやすいですね。

旬の選手なども、ワールドカップごとに変わるのですが2014年でも各国の選手が人気となりましたが、その中でも大きな話題を呼んだ選手の一人がブラジル代表の選手であるネイマール選手でしょう。

デビュー戦から、高速ドリブルなどを披露して負けていたチームを逆転勝利に導くなど非常に大きな活躍をし、スピード感のある技能と高いフィジカルを評価されていたのですが、大きな話題を呼んだのはやはり何といってもワールドカップ中の負傷ですね。

コロンビア戦で、相手チーム選手との接触で負傷してしまったことで悲劇のヒーローとしても世界中に注目されたのは、きっと記憶に新しいことではないかと思います。

ネイマールは元々、チームに貢献していた高さもあって負傷退場が悔やまれるなどして非常に大きな話題を呼んだのですが、現在も順調に回復しているようで、選手として復帰する日もそう遠くないといわれています。

サッカーが人気なのは、やはりこういった試合で起こるアクシデントも一種のドラマになりえるような物だからではないでしょうか。

サッカーに憧れる子供たちの経験など

サッカーは、世界中でも人気なスポーツとして愛されておりそれは大人から子供まで、男性からも女性からも愛されている競技の一つですね。

さて、そんな人気スポーツであるサッカーですがスポーツが人気だからこそそれに従事しているプロの選手も非常に人気が高いですね。

それこそ、国によってはアイドルや大統領よりもサッカー選手のほうが人気というようなところもあるくらいです。

特に、強豪チームに所属するサッカー選手というのは地元の子供からしたらヒーロー見たいな物で、サッカー選手に憧れてサッカーの道を志すという子供も少なくはありません。

実際、日本でも子供の多くはサッカー選手か野球選手に憧れて子供のころから野球やサッカーをやるというような人が沢山いますからね。

実際、多くのプロサッカー選手になるような子供というのはサッカー選手やサッカーに憧れて学校の部活を始めるよりも先に小学生時代にサッカークラブに所属したりして幼いころからサッカー経験を積むというような子どもが特に日本人には多いのです。

それだけ、子どものころからプロのサッカー選手になりたいという風に思っている子どもは多いですしサッカーに憧れる子供たちはやはり幼いころから経験を積む物です。