Jリーグの成り立ちと人気選手など

日本ではプロサッカーリーグのことをJリーグというのですが発足は1993年で当時は10のクラブでスタートしました。

その後、1998年まではJリーグとして最大で18のクラブが参戦するような形の規模になったのですが、クラブの数が増えたことでランク分けするようになりJリーグディビジョン、通称J1とJリーグディビジョン2、通称J2という風に二部に分かれてリーグを開催するような形になりました。

2014年にはJ3リーグが更に追加され、現在では51クラブが参戦するような形となっています。

Jリーグでは、専ら今人気となっているのが川崎Fチームの大久保嘉人や中村憲剛ですね。

Jリーグを見たことがない人には、あまりピンと来ない人もいるかと思いますが大久保は特にJリーグでもゴールランキング1位に輝くストライカーなのです。

しかし、知名度でいえばやはり中村俊輔でしょうね。

ワールドカップの日本代表にもなっていながら、横浜FMにも所属している選手ですね。

メディアへの露出も高く、フリーキッカーや名アシストをする神業が人気となっているサッカー選手だと思います。

ワールドカップ代表選手は、どちらかというと海外のサッカーチームに所属していることが多くJリーグの中でも最も知名度がある選手はやはり中村俊輔がナンバー1でしょう。