世界でも通用する日本代表の女子プレーヤー

近年、サッカーの中でもなでしこジャパンと呼ばれる女子サッカーはワールドカップ優勝を飾ったことで非常に話題になりましたね。

しかも、その中でもキャプテンを務めた澤穂希選手はワールドカップ主催のFIFAから最優秀選手賞をアジア人で初めて受賞したという経歴を持っているのです。

日本女子代表の中では歴代でゴール数のトップ記録を保持しており、間違いなくなでしこジャパンを優勝に導いた選手だと言っていいでしょう。

澤選手は小学生のころからサッカークラブに入団するなど子供のころからサッカー経験があり、当時は女子のサッカークラブ入団というのはあまり考えられなかった話だったのですが、仮入団扱いの時に試合に出場すると初試合でゴールを決めるなど非凡な才能を見せていたようです。

中学に進学してからすぐにサッカークラブの女子クラブに入団するなどしてストイックに練習に努め今の実力の地盤を築いたという来歴があります。

既に15歳で日本女子代表に召集された上に初出場で4得点を奪取するなど、そのサッカーセンスは年々磨かれており、正に天性の才能と類まれなる努力を兼ね備えた選手なのです。

現在は、日本代表を引退する旨を出しているようですがその貢献は記憶に残ることでしょう。